金利が高いからといっても儲かるとは限らない

金利が高いからといっても儲かるとは限らない


金利が高いからといっても儲かるとは限らない
今の時代はFX(外国為替証拠金取引)で儲けを出している人が非常に多くいらっしゃいます。
間違った知識ではFX(外国為替証拠金取引)で勝つことは出来ません。

サブプライム問題発生をして、急激な円高が進んできました。
この時にFXで大きな損失を出した方がたくさんいらっしゃることは事実です。
相場というのは上昇と下降とレンジの3パターンによって構成されており、落ちてしまうという可能性はどんな時でもあることを頭に入れておくことが大切なのです。
また金利が高いから外貨を買うという方が多くいらっしゃいますが、金利も普遍的なものではないのです。

インフレ傾向の時というのは、金利は上がり、そしてデフレ傾向の時には金利は下がることとなります。
サブプライム以降、各国の景気後退が顕著になってきて金利も引き下げられていますので、金利が高いからと言って儲かるとは限らないということが言えます。 非常に残念なことですが、法改正で厳しくなったとは言え、まだまだ詐欺的な行為をしている業者が存在しているようです。
最近では口コミサイトや掲示板などに悪徳業者からの誘導書き込みが公開されていることもあるので十分に注意をしてください。



金利が高いからといっても儲かるとは限らないブログ:2019/10/12

お母さんというのは、育児をするために、
子供を保護し、干渉し続けなければならないのだが…

それを上手くやっていけば、
子供は健全に育って行くと同時に、
健全な反抗を示して、自治領域を拡大していくことになる。

子供が自分でやってくれることが多くなれば、
子供の脳は自動的に成長する。

しかし、
お母さんが過保護や過干渉になってしまうと、
子供はお母さんに反抗することもできず、
自治領域を拡大して行くことができない。

そうなると
子供は脳を自分で成長させる機会を失うので、
子供の脳に深刻なダメージを与えてしまうことになる。

お母さんとしても常に子供の世話を焼いているので、
自分では充実した日々を過ごしているのかもしれないが、
子供としては、歪んだ形で育てられているにすぎないのである。

子供を過保護や過干渉を繰り返すお母さんは、
とにかく子供とべったりとくっついている。

しかも子供にテレビゲームを与えてしまい、
子供はテレビゲームに夢中になって、
子供らしい遊びなど何一つしない…

子供が自治領域を拡大していないと、
明らかに異常な育ち方をするのだが、
この手のお母さんには、それが解らないのだ。

親子べったりは、
いずれ親子双方にとって苦痛をもたらす。

子供が小学生になれば
子供は自分で積極的に物事に取り組まないので、
全てのことに、お母さんが命令しなければならなくなる。

子供の方もそれに慣れてしまうと、
お母さんに命令されなければ動けなくなるし、
自分ができないものは、お母さんがやってくれるだろうと思ってしまい、
非常に怠惰な生活を送るようになってしまう。

当然にこのような生活をしていれば、
脳のシナプスは急速に減少して、
非常にバカな大人に育ってしまうのである。
金利が高いからといっても儲かるとは限らない

金利が高いからといっても儲かるとは限らない

★メニュー

貴方はFXで負けが続いていませんか?
金利が高いからといっても儲かるとは限らない
信託保全が100%保護されているか?
大きな負けを防ぐためにも損切り
景気がよくなると通貨が上昇する
FXで勝つためには資産に余裕を持つこと
日本は輸出の国だということ忘れないように
FX会社は厳しい基準が定められています
4つの相場を読んでテクニカル分析
逆張りは初心者によくある落とし穴


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これで勝てる!FX入門