FXで勝つためには資産に余裕を持つこと

FXで勝つためには資産に余裕を持つこと


FXで勝つためには資産に余裕を持つこと
実際にFX(外国為替証拠金取引)の取引をする前に、理解しておかなければいけないことがあります。
ここではそんなFX(外国為替証拠金取引)の初歩的なことをお教えします。

自己資金ギリギリの資金を投資する事によって冷静な判断をすることが出来なくなってしまう人もいることでしょう。
ルールにそった行動が取れず損切りがし辛くなってしまうこともあるのでご注意ください。
FXというのは余裕資金で行うと聞きますと当然の事で、誰もが理解をしていることなのですが実際に出来ていない人が多くいるのです。
初心者によく見かけるのが自己資産いっぱいの資金を投入してしまい、余裕のない投資をしている人をよく見かけるので注意してください。

出来る限り多くの資金を投資する事によりまして多くの利益を出したいという思いがある方もいると思います。
しかしFXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』を持つ事です。 もし始めてFXの取引を始めるのでしたら、まずは仮想マネーでFXを体験することの出来るツールで勉強をしましょう。
どのような流れで通貨が変動をしていくのかを知る為には非常に重要なツールとなります。



FXで勝つためには資産に余裕を持つことブログ:2019/5/21

あたしの母親は、
すべてを受容してくれるような人でした。

あたしが小さい頃、庭の草木に触れさせてくれたのも、
料理のお手伝いをさせてくれながら
手作りの智恵を教えてくれたのも母親でした。

あたしにとっては、
気持ちの中で拠り所になってくれるような人でしたが、
実家を出て20年も経つと、
ほとんど話をすることもなくなっていました。

自己主張することのない母親は、
会うたびにただ微笑んでいて、帰りがけに何か食べ物を持たせてくれ、
いつも「さよなら」と言いました。

今思えば母親は、
もう自立してしまった女の子に、今さら何をする必要もないだろう…と、
静かにあたしを手放していたのかなぁと感じたりします。
それがまたあたしには有難かったのかもしれません。

でもあたしの心の中では、
何でも受容してしまう母親に、
家族みんなで犠牲を強いている申し訳なさを感じていました。

母親が治る見込みのない癌にかかっていると知らされても、
当時のあたしは看病をしようとするわけでもなく、
どう接していいのかわからずに戸惑い、
さらには、そんな自分を情けなく感じていました。

母親がホスピスに入った時、ちょうどお盆でしたので、
あたしは帰省して、そのホスピスに母親を見舞いました。

郊外の大きな病院の最上階にあるホスピスの明るい窓からは、
完成間近の瀬戸大橋が見えました。

「あれが瀬戸大橋やで」などと風景を説明する父に、
母親は「家はどっち?」と聞きました。

普段からあまりにも執着心のない母親だったので、
その言葉もさらりと聞き流してしまいましたが、
きっと住み慣れた家や、その周りの音や風景の中に居たかったのでしょう。

ホスピスのような恵まれた環境で最後の時を過ごせたのも、
とても幸せなことだったろうと思いますが…

FXで勝つためには資産に余裕を持つこと

FXで勝つためには資産に余裕を持つこと

★メニュー

貴方はFXで負けが続いていませんか?
金利が高いからといっても儲かるとは限らない
信託保全が100%保護されているか?
大きな負けを防ぐためにも損切り
景気がよくなると通貨が上昇する
FXで勝つためには資産に余裕を持つこと
日本は輸出の国だということ忘れないように
FX会社は厳しい基準が定められています
4つの相場を読んでテクニカル分析
逆張りは初心者によくある落とし穴


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これで勝てる!FX入門