FXで勝つためには資産に余裕を持つこと

FXで勝つためには資産に余裕を持つこと


FXで勝つためには資産に余裕を持つこと
実際にFX(外国為替証拠金取引)の取引をする前に、理解しておかなければいけないことがあります。
ここではそんなFX(外国為替証拠金取引)の初歩的なことをお教えします。

自己資金ギリギリの資金を投資する事によって冷静な判断をすることが出来なくなってしまう人もいることでしょう。
ルールにそった行動が取れず損切りがし辛くなってしまうこともあるのでご注意ください。
FXというのは余裕資金で行うと聞きますと当然の事で、誰もが理解をしていることなのですが実際に出来ていない人が多くいるのです。
初心者によく見かけるのが自己資産いっぱいの資金を投入してしまい、余裕のない投資をしている人をよく見かけるので注意してください。

出来る限り多くの資金を投資する事によりまして多くの利益を出したいという思いがある方もいると思います。
しかしFXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』を持つ事です。 もし始めてFXの取引を始めるのでしたら、まずは仮想マネーでFXを体験することの出来るツールで勉強をしましょう。
どのような流れで通貨が変動をしていくのかを知る為には非常に重要なツールとなります。



FXで勝つためには資産に余裕を持つことブログ:2019/11/29

文明人は「1日2食」である。
文明誕生以前は「1日1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると1日2食を可能にした。

日本でも古代の食事は、
全て1日2食だった。
食事は「朝方餉」と「夕方餉」しか食べない。

古代の日本人は
朝方5時頃から働き出し、
午前11時に「朝方餉」を取り、
その後お昼休みをして、
お昼寝が終われば再び働き出し、
夕方頃に軽く「夕方餉」を取るという
食事パターンを送っていた。

1日2食だと、食事過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
1日3食の食事をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
朝方に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも朝方にこの薄いお粥を食しているのだが、
朝方は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
1日3食の食事パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。

FXで勝つためには資産に余裕を持つこと

FXで勝つためには資産に余裕を持つこと

★メニュー

貴方はFXで負けが続いていませんか?
金利が高いからといっても儲かるとは限らない
信託保全が100%保護されているか?
大きな負けを防ぐためにも損切り
景気がよくなると通貨が上昇する
FXで勝つためには資産に余裕を持つこと
日本は輸出の国だということ忘れないように
FX会社は厳しい基準が定められています
4つの相場を読んでテクニカル分析
逆張りは初心者によくある落とし穴


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これで勝てる!FX入門