FXで勝つためには資産に余裕を持つこと

FXで勝つためには資産に余裕を持つこと


FXで勝つためには資産に余裕を持つこと
実際にFX(外国為替証拠金取引)の取引をする前に、理解しておかなければいけないことがあります。
ここではそんなFX(外国為替証拠金取引)の初歩的なことをお教えします。

自己資金ギリギリの資金を投資する事によって冷静な判断をすることが出来なくなってしまう人もいることでしょう。
ルールにそった行動が取れず損切りがし辛くなってしまうこともあるのでご注意ください。
FXというのは余裕資金で行うと聞きますと当然の事で、誰もが理解をしていることなのですが実際に出来ていない人が多くいるのです。
初心者によく見かけるのが自己資産いっぱいの資金を投入してしまい、余裕のない投資をしている人をよく見かけるので注意してください。

出来る限り多くの資金を投資する事によりまして多くの利益を出したいという思いがある方もいると思います。
しかしFXで勝つために必要な心構えは『余裕の心』を持つ事です。 もし始めてFXの取引を始めるのでしたら、まずは仮想マネーでFXを体験することの出来るツールで勉強をしましょう。
どのような流れで通貨が変動をしていくのかを知る為には非常に重要なツールとなります。



FXで勝つためには資産に余裕を持つことブログ:2019/8/18

我が家の息子が生まれてすぐのことです。

産後、数日がたち、退院が近づいてきた日、
院長先生から、息子に黄疸が強く出ているので
退院できないと伝えられました。

先生曰わく、
黄疸はどの赤ちゃんでも出るものですが、
それが、強くなると脳の神経に影響して
心身障害を起こすこともあるので…

ミーたちの息子だけ居残りで、
入院して治療しましょう!ということになりました。

目隠しのテープを貼られて、
治療器の中に入れられる息子を見て、
「かわいそう…」
そう思いながら、息子を残してミーたちは家路につきました。

それから数日間は、
120分おきのペースで、病院から
「赤ちゃんが今起きましたので、母乳をあげにきてください」の電話が入り、
その連絡にあわせて家内は、
タクシーに乗って病院に授乳しにいくという生活でした。

産後で体力が弱っていた家内は
さぞ大変だったろうと思います。

初めての子どもということもあって、
ミーも、家内も、少し不安になることもありました。
「治るよね?」
不安を消すように、そんな言葉が何度かでたように思います。

そんな経緯があったミーたちの息子ですが、
今はおかげさまで健康に育っております。

生まれたばかりの時、
健康ということに不安があった経験をした分、
今、元気な息子を見ると嬉しく思います。

赤ちゃんですので、
腹が空いたり、お漏らしをすると泣きます。

それが夜更けの2時であろうと、3時であろうと、
父親の明日が早起きだろうがなかろうが、
両親の都合には関係無しに、不快になると大きな声で泣きます。

でも、
健康的な反応である泣き声が
とても嬉しいのです。

FXで勝つためには資産に余裕を持つこと

FXで勝つためには資産に余裕を持つこと

★メニュー

貴方はFXで負けが続いていませんか?
金利が高いからといっても儲かるとは限らない
信託保全が100%保護されているか?
大きな負けを防ぐためにも損切り
景気がよくなると通貨が上昇する
FXで勝つためには資産に余裕を持つこと
日本は輸出の国だということ忘れないように
FX会社は厳しい基準が定められています
4つの相場を読んでテクニカル分析
逆張りは初心者によくある落とし穴


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これで勝てる!FX入門