大きな負けを防ぐためにも損切り

大きな負けを防ぐためにも損切り


大きな負けを防ぐためにも損切り
これまでに何度もFX(外国為替証拠金取引)の取引をしている方も是非もう一度復習をしておいてください。
どんなことでも基礎というものは非常に大切なことなのです。

絶好のタイミングで投資をすることの出来る資金を必ず残しておく事はとっても大切なことなのです。
何事もそうですが、資金的に余裕のない投資は必ず負けるように出来ています。
リスクコントロールをするということに、損切りというのは大変重要なこととなるので、冷静な判断をすることの出来ない状況は避けなければいけません。
また自分の想定したシナリオが外れた場合も資金に余裕があれば、その後の対処法を模索する事も出来ます。

資金を全て使い果たしてしまったが、それを理由に絶好の買い場を逃してしまう事は絶対に避けたいところです。
どの通貨も買い時、売り時はFXをやっていれば必ずあります。 現在、投資にお金を使う人が多くなってきており、中でもFXが非常に注目されている取引となります。
これまでに全く投資をしたことが無い人でもすぐに始めることが出来るのがFX最大の魅力の一つと言えるでしょう。



大きな負けを防ぐためにも損切りブログ:2019/11/22

社会人になれば、
「夕方のお付き合い」が増えてきますよね?

ビールを飲んで、嫌なことをパーっと忘れる!
ストレス解消のためにも、ある程度の気晴らしは必要です。

しかし減量中は…?

ビールと減量の関係で言えば、
「日本酒やビールはNG、減量中はウィスキーや焼酎ならOK」
という話を聞いたことありませんか?

理由は、
日本酒やビールは糖質が高く、
焼酎やウィスキーは糖質が低いから太らない…というもの。

しかし、
どんなビールも飲みすぎると、
中性脂肪を増やしてしまいます!

つまり、
減量にとっては、
逆効果になってしまうんですよね。

もっと恐ろしいのは、ビールを飲むことによって
食欲を高めてしまうということ。

居酒屋に行くと、普段は食べきれない量を
食べてしまった経験はありませんか?
しかも、カロリーの高そうなものばかり…

中には、飲んだ後の締めだとか言って、
とんこつラーメンやえび天丼を食べる人も…

これでは、減量にいいはずがありません。

ビールを飲むと、
食欲が高まるんですよね。

しかも大脳の感覚がマヒする、
いわゆる「酔っぱらった」状態になります。

すると、正常な判断をすることが難しくなってきます。

「減量中だから食べちゃダメ!」と思っていても、
酔っぱらうと何かと理由をつけて、
誘惑に負け、食べてしまうものです。

ひどい場合には、記憶が飛んでしまうことも…

こうなってしまっては、
食べ物をコントロールしろという方が無茶な話です。

酔っぱらって正常な判断ができなくなることを
予防するには、答えは簡単!

最初から、ビールを飲まなければ良いんです!

減量中は、「しばらくビールは我慢!」
つらくてもこれが一番かもしれませんね。

大きな負けを防ぐためにも損切り

大きな負けを防ぐためにも損切り

★メニュー

貴方はFXで負けが続いていませんか?
金利が高いからといっても儲かるとは限らない
信託保全が100%保護されているか?
大きな負けを防ぐためにも損切り
景気がよくなると通貨が上昇する
FXで勝つためには資産に余裕を持つこと
日本は輸出の国だということ忘れないように
FX会社は厳しい基準が定められています
4つの相場を読んでテクニカル分析
逆張りは初心者によくある落とし穴


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これで勝てる!FX入門