大きな負けを防ぐためにも損切り

大きな負けを防ぐためにも損切り



大きな負けを防ぐためにも損切りブログ:2015/4/10


読者様は、
映画を見る時、売店でポップコーンやコーラを買ったりしていませんか?
テレビを見ている時、おかしをつまんだりしていませんか?
読書をする時や長電話をする時、ジュースを飲んだり、
おかしを食べたりしていませんか?

何かをしながら食べる「ながら食い」は、
減量にとっては天敵なんですよ!

そもそも食事というのは、
エネルギーを補充するためにとるものですが、
エネルギーが足りているかどうかを判断するのは
お腹ではなく、脳なんですよね。

もちろん、
お腹の膨らみ具合も脳の判断基準のひとつではありますが、
脳はそれ以外にも、
目で見たもの、鼻で匂いをかいだもの、舌や歯で味わったものから、
満腹感や食事による快楽を得ます。

テレビや映画を見ながらとか、何かをしながらの食事だと、
お腹は膨らんでも
目や鼻、舌、歯から入ってくる情報が少ない分、
脳が感じる満腹感が半減してしまうことになります。

同じ量を食べても脳が満足してくれず、
すぐにお腹がすいてしまうという…
減量的には最悪な結果になってしまいます。

逆に言えば、
食事の時は食事だけをするようにして、
しっかりと時間をかけて味わうようにすれば、
脳が感じる満腹感もアップして、
間食したいという欲求も沸きにくくなることになります。

もちろん、いくら食事に集中するといっても、
会話をしてはいけないということではありません。

みんなで楽しく食事をするのは大切なことですよね。
食事に集中するというよりは、
「食事をちゃんと楽しむ」ようにするということですね。

食事をちゃんと楽しんで、減量を成功させましょう!
大きな負けを防ぐためにも損切り

大きな負けを防ぐためにも損切り

★メニュー

貴方はFXで負けが続いていませんか?
金利が高いからといっても儲かるとは限らない
信託保全が100%保護されているか?
大きな負けを防ぐためにも損切り
景気がよくなると通貨が上昇する
FXで勝つためには資産に余裕を持つこと
日本は輸出の国だということ忘れないように
FX会社は厳しい基準が定められています
4つの相場を読んでテクニカル分析
逆張りは初心者によくある落とし穴


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これで勝てる!FX入門